遠藤照明器具でオシャレに変身!|お役立ち購入情報リサーチ

室内

癒される光を放つランプ

岩塩ランプ

自然素材からつくられる

岩塩ランプは、自然界にある岩塩を素材とした照明器具です。岩塩は、大昔に海だったところが、その後に隆起したため、そこにあった海水の水分が蒸発して、塩分やその他のミネラル分などが、かたまって出来たものです。この天然岩塩を加工して、インテリアとしても使える照明器具に仕立てたものが、岩塩ランプです。この製品は、岩塩の中をくりぬいてあって、そこに暖色系あるいは白色系の電球をセットすることで、岩塩というフィルターを通して癒される光で周りの空間を満たします。また、照明を点けていますと、岩塩からマイナスイオンが発生することも知られています。マイナスイオンには、人の気分を直接癒したり、電気製品から発するプラスイオンを打ち消す効果があります。

岩塩の不思議な作用とは

岩塩ランプは、上記のように柔らかな発色とマイナスイオンをつくり出すのが特徴です。マイナスイオンは、空気の中にある酸素がマイナスの電気を持ったものです。これが、空気中の水蒸気に引きつけられて、漂うことで拡散するそうです。岩塩は、空気中の水蒸気を吸収する性質があります。そして、ランプを点灯した時の熱で、再び水蒸気を放出します。岩塩ランプを点灯しますと、この水蒸気の吸収、放出を繰り返して、空気中にマイナスイオンを拡散します。岩塩ランプは、玄関や寝室、居間のなどのインテリアとして使われることが多いそうです。そして、その光とマイナスイオンは、人を和ませる力があります。何もしないやすらぎの時間に点灯することで、日頃の慌ただしさから開放されます。